車のメンテナンス方法 

車においてメンテナンスとは点検整備のことです。 点検整備は常にしっかりとしておきたいものです。 幸い日本には車検という制度があります。 車の教習所で免許取得の教習を受ける時に路上の実地練習前に車の点検を行った記憶がある人も多いでしょう。 オイルチェック、バッテリーチェック、タイヤのチェック及び空気圧チェック、ミラーの位置、サークルチェックなどやった記憶があるでしょう。 これは、最低限のチェックでありこの点検は安全走行が出来るかの確認であるため、整備とはまた概念が違います。 整備箇所を点検し、不具合が無いかを確認した上で、もし不具合箇所が見つかればそれを修理するというのが点検整備です。

とは言え、自動車学校を卒業した後ほとんどの人が車の点検をすることはなく、しかも最近の車はエンジンルームが非常に複雑化しているため、素人がエンジンルームを点検するためにボンネットを開けること自体がほとんどないと言っても良いです。

自動車保険会社のサポートやJAF加入によりトラブルの対応もあり、点検自体の必要もそれほどないと言っても良いでしょう。 車検時にしっかりとした整備がなされていればまず自身で点検しなくても大丈夫であると言えるでしょう。